# 13

一年に一度…☆彡

2021.07.14
  • 岡山

おみやげ担当Staffさん

  • わたしのイチオシ
  • テイクアウト
  • 岡山ならでは
  • スイーツ

岡山一番街のHAKUJUJIに夏の風物詩、七夕飾りがありました。
七夕飾りを見ると童心に返り、心が弾んでしまいます♪

七夕といえば・・・
とても空模様が気になります☀
幼き日、絵本で知った織姫と彦星の伝説。

結婚を機に働かなくなった織姫と彦星
見かねた天の神様は、二人を天の川を隔てた西と東に引き離してしまいます・・・
日々、真面目に働くことを条件に、一年に一度、7月7日の夜にだけ逢うことが許されるという伝説
しかしこの日・・・
雨が降れば天の川の水かさが増して逢うことはできない・・・

 
残念ながら今年は・・・
雨により逢うことが出来ない織姫と彦星の嘆きの涙からなぞらえた、七夕の日の雨「催涙雨」となりました☂
 
「日本は梅雨末期が大きなリスクとなる時代を迎えている」と専門家の指摘通り、近年この時期の豪雨による災害が後を絶ちません。
大切な命を守るために「今までなかったから大丈夫」ではなく「起きなかったことが起きるようになる」と意識を切り替え、まずは、ハザードマップに目を通し、危険箇所や安全な避難場所等の確認をしておくなど、「命を守る行動」に備えましょう。
 
さて・・・伝説と言えば
 
岡山でとても有名な伝説がありますよね!
岡山駅の玄関口にも銅像がある「桃太郎伝説」
イヌ・キジ・サルが、鬼ヶ島へ行ってもいいほど欲しがった「きびだんご」
どんなに美味しいものだろうと憧れたものです。

南南東にある香川県の女木島「鬼ヶ島」を目指す桃太郎一行と同じ方向を向いて📸
南南東にある香川県の女木島「鬼ヶ島」を目指す桃太郎一行と同じ方向を向いて📸
ビルばかりしか見えませんが桃太郎の向く方向に女木島「鬼ヶ島」があります。
ビルばかりしか見えませんが桃太郎の向く方向に女木島「鬼ヶ島」があります。
岡山駅には、ポストの上にこんな可愛い桃太郎が♥癒されます・・・
岡山駅には、ポストの上にこんな可愛い桃太郎が♥癒されます・・・
さんすて岡山南館のおみやげTerraceにも・・・可愛い表情に癒されますね♥
さんすて岡山南館のおみやげTerraceにも・・・可愛い表情に癒されますね♥

おみやげTerraceには個性豊かな桃太郎が勢ぞろいしております。
ここで、各店自慢のイケメン桃太郎を紹介させていただきます。

アイドルのような桃太郎ですね♥ (山脇山月堂)
アイドルのような桃太郎ですね♥ (山脇山月堂)
凛々しい桃太郎ですね!とても強そうです。 (金萬堂本舗)
凛々しい桃太郎ですね!とても強そうです。 (金萬堂本舗)
スタイリッシュですね!ドラマのワンシーンのようです。 (中山昇陽堂)
スタイリッシュですね!ドラマのワンシーンのようです。 (中山昇陽堂)
西洋版桃太郎ですね!額に入れて飾りたくなります! (岡山夢菓匠 敷島堂)
西洋版桃太郎ですね!額に入れて飾りたくなります! (岡山夢菓匠 敷島堂)

有名な絵本作家やイラストレーターによるデザインの桃太郎も勢ぞろい✨
お楽しみください♪

モノクロの線画をベースに個性あふれるイラストを描く人気イラストレーターNoritake氏デザインの桃太郎 (廣榮堂武田)
モノクロの線画をベースに個性あふれるイラストを描く人気イラストレーターNoritake氏デザインの桃太郎 (廣榮堂武田)
岡山のデザインユニット「COCHAE」がてがけるポップな桃太郎 (山方永寿堂)
岡山のデザインユニット「COCHAE」がてがけるポップな桃太郎 (山方永寿堂)
人気絵本作家 五味太郎氏デザインの桃太郎 (廣榮堂本店)
人気絵本作家 五味太郎氏デザインの桃太郎 (廣榮堂本店)

各店自慢の桃太郎を紹介させていただきましたが、おみやげTerraceにはまだまだたくさんの桃太郎が皆様をお待ちしております。
お気に入りの桃太郎を見つけてくださいね🍑
 
桃太郎を探していると、おいしそうな和菓子の誘惑が・・・
 
無類の「あんこ好き」な私・・・
自分史上最高のあんこを更新する喜びを追い続けています。
そんな私のおすすめスポット!
きびだんごで有名な廣榮堂本店の一角にある、冷蔵ケースの和菓子
ここの商品はどれをいただいても間違いなし!

まずは、可愛い二つの白玉が気になり「抹茶ゼリー」を購入しました。
 
家族へのおみやげにとスタッフさんに「おすすめ商品はありますか?」と尋ねると、「一枚流し 水ようかんです!」と即答!
即決で購入しました☺
 
ランチのデザートに、早速「抹茶ゼリー」をいただきました。
 
廣榮堂本店のあんこは「やさしさ」を感じます。
そのやさしいあんこと、もちもちの白玉、抹茶の爽やかなほろ苦さが、それぞれの味と食感を高めあう絶妙な一品でした。
 
そして・・・
スタッフさん一押しの「一枚流し水ようかん」
平箱に流し込まれた水ようかんを木べらで切り分けるところには趣を感じますね✨
さて、お味は・・・
口に含むとホロホロホロ~と、とろけるんです!
このまろやかな食感には脱帽です!
そのうえ・・・
上品なあんこの余韻が・・・これは虜になります。
いくらでも食べられそうです💦
 
自分史上最高の「水ようかん」をいただきました✨
 
みなさんも自分史上最高の一品を探してみてください✨